2007年03月15日

一方的二次元外交

Newsweek日本版を買ってきた。

本屋のビジネス雑誌コーナーで
「日経ビジネス」「プレジデント」「Forbes」など、
日々無為にのんべんだらりと過ごすことを
人生の糧としている私にとっては
帰宅途中に電車の網棚で拾いでもしない限り
まず読むことはないような雑誌群の中に
newsweek
いきなりこの表紙はインパクト絶大。
気が付いたらレジの前で財布を出していた。


唐突に、秋葉原などで配布されている無料雑誌と比較。
Newsweek日本語版…78ページオールカラー、税込400円。
A-STATION…40ページオールカラー、無料配布。
400円 vs ロハ
薄さは大差ないので、一見すると
どっちがどっちだか分からなくなりそうだ。


「ブッシュ外交にもう打つ手はない」
「バルカン半島は再点火5秒前」
「慰安婦決議、ある議員の戦い」

などのワールドワイドな記事を12倍速で読み飛ばしていると、
中盤過ぎに目当ての記事はあった。

「ニッポン発萌えパワーに世界も(^O^)」
記事のトップページに貼り付けられているのは
「いかに日本のotaku文化が世界に広がっているか」
を示す写真たち。
台北のメイド喫茶や香港のコスプレイヤー、
欧米でのアニメ関連グッズ即売会の様子は
この手の記事ではありきたり。
no-title
だが、この写真には驚いた。
キャプションによると撮影場所はパレスチナなので
(たぶん)アラビア語。記事を信じれば、
「子供を殺さないで」と書いてあるとの由。
しかし、このプラカードの作者が「ハルヒ」がどういう話で
彼女がどういうキャラなのか知っていたとは考えづらいが・・・。


去年の夏のこと。フランスの少女2人が
列車を乗り継いで日本へ行こうと家出するも
ポーランド国境であえなく取っ捕まった…という
国籍や趣味嗜好以前に、まず彼女たちがこれまでに受けた「しつけ」について
深く考えさせられるエピソードから記事は始まる。

このテの記事に付き物、森永卓郎センセイの著書から
『萌えとは「アニメなどのキャラクターを
 恋をするようにこよなく愛する」こと。』

と果てしなく今更感の漂う説明を引用。
ここでわざわざセンセイを担ぎ出さずとも、
wikipediaにほぼ同じ内容が載っているのだが。

その後は、台湾のオタクたちの間では
『涼宮ハルヒの憂鬱』の「主人公」であるハルヒが
最近人気であることや

中国の、幼女を道端で見かけたら撮影することが趣味の男が
ネットで購入できる日本のロリコン系アダルトゲーム」
をプレイしている、など
いちいち突っ込みだしたらきりがない内容が続く。

そして、それらの合間に挿入される写真は
『一騎当千』『あまえないでよっ!!』のフィギュアに囲まれた
花の都パリ在住のオタク(29歳、♂)だの、
台湾でメイド喫茶を開いたオタク(※眼鏡着用、30歳男性)が
店内でメイドの給仕を受けながらフィギュアを愛でるところだの。
この雑誌本来の読者への偏見植え付け体制はバッチリだ。

後半では日本留学経験のある、
コロンビア大学アニメ愛好会会長の
「アメリカのオタクは日本みたいな
 (変人、という)烙印を押されていない」

という談話や、
記事の締めの
 「フランス人をセクシュアルに癒し、パレスチナ人を勇気付ける。
 日本が生んだ萌えの力は、秋葉原に閉じ込めておくには
 確かに大きすぎた」

と、心理的な口当たりだけはいい文章などで
一応フォローらしきことはされているが
最初に羅列されたエピソードたちのインパクトの前に
全てがかすんでしまった後なので何の意味も持たない。


最後の、ちょっとした囲み記事。
アメリカNBC製作のTVドラマ『Heroes』内で
日本人オタク役を演じた俳優
オカ・マサヨリにスポットを当てているが
要するにアメリカ人のステレオタイプな日本像に
「アニメ」が追加された、というだけのこと。


しかし、この表紙のメイドさんを描いたのは
いったい誰なのだろう…。
posted by 環 俊次 at 00:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マジレスになりますが、
俺は世の中とは偏見であふれているように思います。
オタク=変人
等々、社会の枠にはまらない人間を
迫害してゆく。
そして、これを助長している
マスコミの存在が
「悪」に見える時があります。
Posted by at 2007年03月15日 16:18
アッー!(挨拶)
まあ荒はありますがニューズウィークはニューヨークタイムズみたいに危険な意味であぼーんなことを書かんので無難だと思いますよ。
Posted by クワス at 2007年03月17日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

世界の都市オタクが認定 世界一未来的な都市に東京
Excerpt: 世界中の都市オタク達が集まる掲示板「skyscrapercity.com」において、“世界一未来的な都市”決定戦が開かれ、東京が見事その栄冠を手にした。 この掲示板では、「あなたの都市の犯罪率は..
Weblog: スーパーサイヤ人
Tracked: 2007-03-15 16:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。