2012年09月05日

フトコロ完全燃焼

Freeing製、グッドスマイルカンパニー発売の
フィギュア、枸雅詩緒を買ってきた。

……真正面から見ると
詩緒正面
表情がわかりません。
玖吼理も喜んでる〜!

メーカーサイトの事前サンプルと比べると、
製品では玖吼理の位置がやや上になっており
正面からでは顔が隠れてしまうのだった。

さて、このブツ。
先週末の時点で発売から10日も経っていなかったにもかかわらず、
秋葉原裏通りにある某ショップで早くも定価の半額以下になっていた
ところをつい衝動買いしてしまったもの。

なお不肖ワタクシ、実のところ【神様ドォルズ】の
アニメは1話しか見ておらず、原作も未読。
詩緒の声は宮藤芳佳軍曹と同じでした。

なのになぜフィギュアなんぞを購入したのか。
東堂源三郎氏(職業:外道校長)のお言葉を借りると

「巫女さん」
……もうちょっと補足すると、
比較的まともな和装の女性キャラは
意外とフィギュア化される機会が少ないので。

裸なのか、それとも服なのかジャッジメントが難しい
色々まろび出そうな格ゲーキャラなら何例か思いつくのだが。

最近やっと、作中ではほぼフランス語しか
喋っていないことに気付いた湯音(異国迷路のクロワーゼ)も、
ねんどろいど以降の展開は音沙汰が無い。

日本人なら米を食え(錯乱中)

詩緒巫女横
キャラのかわいらしさを醸し出しつつも
原作のテイストを取り入れた、実に絵になるポーズだが

詩緒顔
巫女服の厚みのせいか首が短く見える。

ということは、メーカーの見解としては、
脱がせた状態の方がメインということですね。
わかりました。

それではイッツショーターイム!!
詩緒服
クロス・アウッ(脱衣)!

詩緒水着前
パーツ差し替えでスク水形態に変形する。
ぬいぐるみ玖吼理を抱えさせるのも妙なので、
コトブキヤ水着このみから浮き輪と台座を拝借した。

浮き輪がちょっと大きいが、
12歳(←重要)大和撫子らしい身体との対比を狙ったとか
もっともらしい理由をこじつけてよしとしよう。

上から巫女服を被せる都合上、
あまり凝った表現ができないのは承知しているし
もともと「そういう」ネットリした描写をする
絵柄ではないので、これでいい。

詩緒水着背中
むしろこれがいい。

原作ファンの間では人気キャラとはいえ、
アニメの放映が終わってからもうすぐ1年。
二期が作られるほど話題になったとも思えない
この時期に発売したココロはいまひとつ分からない。

元々大量に作る予定が無かったことがわかる
定価8,800円という設定は、事情が分かっていてもやはり高い。
秋葉原のショップでも予約分以外は入荷しなかったところが
見られたが、賢明な判断だったといえるだろう。

そんなくだらないゴタクを抜きにして視姦観賞してみると、
人を選ぶポーズではあるものの彩色が非常に良いこともあって、
間違いなく原価割れしている購入価格を付けざるを得なかったショップが
気の毒になるほどの出来といえる。

詩緒芳佳
「詩緒ちゃーん!」(CV:星空みゆき)
おまけ。声と格好が同じなので、ついやってみた。
posted by 環 俊次 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/290360702
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。