2012年03月12日

11人目くらいの宮藤芳佳

SEGA謹製一番くじもどき、もといラッキーくじのA賞、
【宮藤芳佳 ハイグレード水着フィギュア】

を入手。コンビニ店頭でくじを引くのはちょっと恥ずかしいし、
フィギュアのために何度もハズしたらとても悲しいので
おとなしく秋葉原の中古ショップで未開封品を買ってきた。

とっとと箱から出す。

mizugiyoshika tati.jpg
「リーネちゃーん(CV:キュアハッピー)」なポーズ。
肌色は日焼けを表現しているのか濃い目。
また、小顔なので他製品と比べ最も頭身が高いモデル体型。

mizugiyoshika kubire.jpg
ムネはないがくびれはある。

mizugiyoshika kao.jpg
顔面。原作絵と比較すれば
瞳が大きく中央に寄り気味となっているが
この程度ならバランスに全く問題はない。

表面処理が甘いのか、テカっているが、
水から上がったばかりなのだと考える。
それにしても……「水着」なのか?
いや、たしかに水練のときはこの格好だったが、
アニメ内では「服」としか呼ばれていなかったような。
以前もネタにしたが。

mizugiyoshika heso.jpg
「へそ」の表現が無いのは一見妙に映ったが、
ものの画像を見ると、実際の旧スクは生地が厚いためか
身体の凹みがモールドされることはまず無いようだ。
股間共々表現にこだわりは感じられずあっさりしたもの。

mizugiyoshika daiza.jpg
台座。地中海を思わせる珊瑚質の砂浜。
岩や足跡の表現はよくできており、そしてムダにデカい。

私が所有しているブツの台座実測値。
アルター:直径13cm
あみあみ:直径14cm
一番くじ:直径14.8cm

furyu yoshika taore.jpg
フリュー版(他社製品と比べ戦闘脚の解釈が独特)のように
震度2でコテンと倒れて照準器の針が折れてしまうほど
小さくしろとはいわないが、飾るときにやや邪魔だ。
posted by 環 俊次 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257169126
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。