2006年01月21日

東京雪化粧

今日も今日とて休日出勤。

今日は折からの雪ということもあってか
こなさなくてはならない仕事量は少なめ。
そして土曜日なので、原則社員は出社してこない。

こんな時はブログを更新するに限る。
いつものようにゲスな雑感をキーボードに叩き付け、
さて『保存する』ボタンをクリックするか、と思った矢先
「おはよ〜」
いきなり社員が出社してきた。

慌ててそのとき見ていたHP共々最小化しようとしたところ、
手元が狂い、すぐ脇の「×」をクリックしてしまう
萌え4コマでもやらないようなベタベタな間違いをやらかし、
○○○分(※3ケタ)かけて書いた文章がパーになってしまった。

そんなことが二度。

これは
「仕事に集中しろ、このパラサイト」
という神様だか仏様だか大宇宙の意思だかの思し召しか。

だが、それでも書き直す。
俺のリロードはレボリューションだ。


火曜日。
テレビ埼玉『マジカノ』
第3話「危険な兄妹ってマジですか」


なんでこのアニメは
タイトルでYahoo!検索しても公式webがTOP10にすら入ってない
のだろうか。

今回は前半・後半別々の実質2話構成。

前半は、あゆみが春生の夢の中に入って
頼りがいのある男になるよう洗脳しようとする話。
だが、結局その企みは舞夏によって阻止されたように見えた。

朝っぱらからドタバタしている妹・あゆみ・ゆりを見た春生。
いきなり絵柄がワイルドになりムキムキマッチョに変身し、
「てめえらの血はなに色だー!!」
と絶叫。…世紀末覇者ネタか。

前回の次回予告では、
「君は、時のマジカノを見る…」
というZガンダムネタをかましていたし、
なかなかやってくれる。

後半は、いつから舞夏が春生にラブラブになったのか、
その原因を探るべくタイムスリップする話。
「舞夏のブラコンは、産まれた直後からのもの」
というミもフタもない結果を目の当たりにしたあゆみ、
ガラス窓に頭を打ち付ける。

今回、あえてパンチラについて言及しなかったが、
あゆみの寝間着はいつでもワイシャツ1枚なので
ほぼ就寝シーンの回数だけパンチラが拝めることが判明。


水曜日。
テレビ埼玉『鍵姫物語〜永久アリス輪舞曲〜』
第3話「Caucus Race」


新キャラである、
眼鏡っ娘巨乳マッドサイエンティスト、キリカ先輩登場。
しかもアリス能力を開放すると
なぜかロリっ娘になってしまうという、
アーモンドが入ったキャラメルのように一粒で二度おいしい属性。

後半は、ありすときらはが有人を奪い合う話。
エロくないので詳細は割愛。

しかし、有人が興味を持ったオルゴールから
アメリカ民謡の「おお スザンナ」
が流れていたのは、ヨーロッパ風の世界観とミスマッチだった。

以下『鍵姫〜』話から脱線。

もうひと昔以上前「おお スザンナ」を音楽の教科書で見たときは
「私はアラバマから バンジョー肩に
 はるかなルイジアナまで 行くのです」
という歌詞だったのだが、
検索してみると教科書とは違う訳 ばかりが 続々出てくる。

一番記憶に近いのがこれだったが、
「死ぬほど辛い旅を〜」という箇所がしっくりこない。

謎なのだ。


テレビ埼玉『灼眼のシャナ』
第15話「炎の生まれた日」


今週も回想話。
見どころは、怪我したシャナが裸になり包帯を巻くシーン。

『北斗の拳』のやられ役のような声の
ライダー男とのバトルなぞどうでもいいわい。


テレビ東京『かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜』
第2話「彼女は彼女であることを自覚した」


一言で説明すると、下着を買いに行く話。

はずむに、ブラジャーの付け方を懇切丁寧に説明するとまり。
前から被せるように着用、後ろ手にホックを留め
最後はこぼれた胸の肉をカップの中に寄せる…。

ちぃ、ブラの付け方、覚えた。

勉強になるなあ。
私が覚えても何かに活用するアテはないけれど。

初々しくはじめてのブラジャーを実感する描写は
グッとくるものがあった。主に海綿体周辺に


木曜日。
テレビ東京『舞-乙Hime』
第15話「アリカ、泣く。」


先週あれほど期待させたレイプシーンは
瞬きするよりも早く、ナニも見せずにあっさり終了。
セルゲイめ、悲鳴を聞きつけて現場へ駆けつけるの早すぎ。
「オトメの卒業式」がどうなるか興味津々だったのに…。

またひとりのオトメ候補が、ガルデローベから去っていった…。
段々アリカの天真爛漫さが失われていっている。
キスシーン(未遂?)もあったし、話もじわりシリアス調の旅。

唯一のエロい見所は、不貞寝するマシロ姫くらい。


TBS『ローゼンメイデントロイメント』
第11話「薔薇園」


金糸雀が脱落することは、
前回の予告でなんとなく予想はついていた。

だが、まさか金糸雀を庇った翠星石のほうが
先に倒されるとは思わなかった…。
本当に、どちらもやられ方は情け容赦ゼロ。

ここ2話だけでローゼンメイデンのドールは
半分以下に減ってしまったことになる。
posted by 環 俊次 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。