2012年01月23日

とんカツワイドのことを思い出す

私のギャグの原点のひとつに、
『斉藤一美のとんカツワイド』というラジオ番組がある。

90年代中頃に文化放送で平日21:40〜24:30にオンエアされていた。
ただし、かなり早い段階で放送時間は24:00までに短縮、
さらに中期からは金曜日に音楽番組『フライデースーパカウントダウン50』が
放送されるようになったため、放送日も月〜木に縮小された。

wikipediaによると聴取率もそれほど悪くなかったようだし、
水原薫(声優)はこの番組を聴いていて、近年自らのネットラジオを
始めるときにリスペクトした番組名を付けたという。
にもかかわらず、番組の断片すら動画サイトにアップされず
まとまった記述がネット上で見当たらないのは実に面妖だ。

というわけで記憶に頼って番組の内容を挙げてゆくことにした。

聞き始めた理由は、当時まんが描き友達だった
クラスメイトのM沢くんが
「とんかつワイドというラジオ番組がすっげー面白い」
と教えてくれたからだった。

ちょうどその頃、誕生日に秋葉原高架下の電器屋で
アイワのモノラルラジカセを買ってもらったので
http://blogs.yahoo.co.jp/eva_yoshi_fxk/10859610.html
(↑検索したらドンピシャリのブツを所持している方が。
 私の元愛機は93年製で、当時の購入価格は5300円?
 スイッチの日本語表示と短波も受信できる点がウリだった)

一度聞いてみてからは必ず平日は21時30分を過ぎると
ラジオのスイッチを入れるのが日課になった。

パーソナリティの斉藤一美は、
文化放送の社員(アナウンサー)にもかかわらず
髪型は頭のテッペンの一塊だけ毛を残しほぼ丸坊主にされ、
スティックの先っぽに万歩計をつけて○ンポ計と称し、
「全裸で文化放送局内を何歩歩けるか?数字を書いてファックスで……」
熱湯(入浴剤入り)をぶっかけられた一美の叫び声を聞かせ
「さて、お湯の温度は何度?数字を書いてファックスで……」といった
芸人顔負けのネタを体当たりでやらかしていた。

21時30分になると、ついつい待ちきれずに
10分番組『裕木奈江のシチュータイム』から聞きはじめてしまう。
「ふーっん(溜息?)、裕木奈江です」
というモノマネはとんカツワイドでもおなじみのネタであった。
内容はビタイチ覚えていないが、あの吐息と発声の境界線が曖昧な喋り方は、
いまで言えば能登麻美子(声優)のイメージが近いか。

21時40分。
「   (謎の無音)  斉藤斉藤斉藤斉藤一美〜ダイナマ〜イ!
 とんカツとんカツとんカツとんカツワイ〜ド〜ダァイナマァ〜イッ!
 文化放送〜♪」

やたらとパワフルに女性が歌い上げるオープニングテーマは、
『ダイナマイトロック』(梅宮辰夫)イントロ部の替え歌であった。

しかし、ときには21時40分にラジオをつけても
「(ドンドンドン……)ライオンズ球場、バファローズ2点リードのまま9回裏の攻撃。
 斉藤一美のとんカツワイドは、ナイター中継終了後にお送りいたします。
 さて、マウンドには抑えの赤堀ですが豊田さん……」
文化放送は当時も今も、平日は試合終了まで西武ライオンズ戦を放送するので、
仕方なくナイターを延々聞く羽目になったりした。

【トニーからの手紙】
日系何世だか、留学生だかという設定の怪しい外人トニーからの
トンチンカンな日本語を駆使した手紙を読むコーナー。
のちに「今週の川崎球場」という、当時プロ野球で使われなくなっていた
川崎球場のイベント予定(もちろん全部デタラメ)を読み上げるネタが主に。
「ダイヤモンドより硬いものはなーい、光より速いものはなーい♪」
トニーが歌う、『浦和にゃ駅が多すぎる』という
不条理ソングを収めたカセットテープもイベントで配布された。

【ぶっとい注射】
「さささ、刺したろか〜」という副題?があった。
男女のくんずほぐれつかと思わせておいて、
毎回必ず実は健全な○○でした、というオチをつけるラジオドラマもどき。
女性(ずりりん)がどう聞いてもあえぎ声を出すなどやたらめったら思わせぶりで、
すこぶる刺激的であった。他局からのパクり企画らしいがエロいので無問題。

【大魔王の法則】
テーマ曲は【インディ・ジョーンズ】のテーマ。
単行本(ソニー・マガジンズ刊)にもなった名物コーナー。
個人的に最も笑ったネタは
『寺島・ナースの爆発120分(※当時の前番組)の法則 → 不発だ。』
これ採用しちゃってよかったのか。
SEとして使われる【ツァラトゥストラはかく語りき】の
イントロがいい味を出していた。

【バカな答え大賞】
テーマ曲は【いやんばか〜ん】(林屋喜久蔵)。
内容はそのまんま、テストで書いたネタ回答。
私がはじめてハガキが採用されたコーナーだったりする。
採用記念で送られてきたとんカツステッカー(略称とんステ)は
あいにく引越しのときになくしてしまった……。
コーナー終了理由は「バカが減ったため」。いま考えると深い。

【とんカツ人生相談】
中期に存在。23時の時報直後、STOP the SMAPまでのコーナー。
月曜日から木曜日まで4人カウンセラー?がいるのだが
峠恵子が出る日はコーナーの最後で必ず【こわれやすい物語】が流れた。
他に流す持ち歌はなかったのか。おかげでいまだに歌える。

【とんカツリクエスト】
人生相談の後を継いで、番組末期まで持ったコーナー。
ぶっちゃけ手抜きくさいが、それだけに聞き飽きなかった。
【初恋】(村下孝蔵)をリクエストして採用されたことがある
……我ながら義務教育中とは思えないチョイス。

【ズミちゃん俳句】
箏曲といえばまず思い浮かぶ【春の海】をBGMに
「ズミちゃんは、イクゥ〜!」と、ぎなた読みでタイトルコール。
一美がジジイ声で『金田一助平』と名乗り、
やたらシモネタに偏った俳句を読み上げる。

暑苦しいデブ声で感極まると「ガブ、ガブガブガブ、ガブゥ〜!」と
奇声を発する、平成ハレンチ学園(伊集院光深夜の馬鹿力)
のようなコーナーもあったが詳細を思い出せず。

【パンチDEクイズ】
22時の時報と当時に始まる。テーマ曲は軽快なジャズ(曲名不詳)。
見ず知らずの男女が組んだカップル対抗で、
電話越しにヒット曲のイントロを聞き曲名を当てるというもの。
2回連続で?正解したら1万円と
スポンサー提供のエースコックスーパーカップ詰め合わせが貰える。
5日間負け続けたらパンチパーマにしなくてはならない(事実かどうかは不明)。
イントロ「〜♪」
回答者「うーん……」
と悩んでいると、
一美「当てずっぽう! ぽう!」
と煽ってくるのがお約束であった。結構この当てずっぽうが正解になるところが面白い。
そして勝ち抜くと
一美からの「おめでトゥー」
回答者「ありがトゥー」
というやり取りがこれまたお約束。
この語尾を「トゥー」にするというやつを「ズミ語」と称していた。
大学時代にラグビーをやっていた一美が、当時トンガからの留学生
ラトー君をアチラ流発音でラトゥーと呼んでいたことが起こりだったという。
放送禁止用語も「ちんくぅー」「まんくぅー」とオブラートに包める
ある意味便利な言葉であった。

【ヒッツ&カマー 今夜のベスト10】
ヒットチャートの紹介。コーナーとして存在したのは番組初期のみで、
後に独立した番組となり、前記のとおり金曜日の放送時間をまるまる使った
『フライデースーパーカウントダウン50』となった。
こちらは現在でも放送されている。

放送時間が24:30までだった頃は、0時の時報後に
【0時にチェックイン・プリーズ】
という、ゲストコーナーがあった。放送時間短縮後は
【一美にチェックイン・プリーズ】と改名された(はず)。

また、時たまスペシャル企画として、スタッフ総出演で
ラジオドラマをやったこともある。

結果的にはあまり普及しなかったAMステレオ放送開始直後(1992年)には
左右のスピーカーから流れるセリフが違うという、
シリアスなドラマを流したこともある。
……モノラルで聞いていた私は置いてけぼりだったが。

そういえば、番組スタッフをいじくる内輪ネタも多かった。
主要スタッフの大半は妙な愛称を付けられていたのではないだろうか。
たとえばプロデューサーの国吉氏は、ガリガリに痩せて眼鏡をかけていたため
「ガンジー」と呼ばれ、「どんも〜」という挨拶を真似されていた。

リスナーに電話をする企画で、調子に乗った一美が
女の子に「『ガンジ〜』と喘いでみて」と煽ったことがある。
娘「ガンジィ〜」
一「うーん、もうちょっと」
娘「ガァンジィ〜」
女「バカッ!」ガチャ(電話を叩き切った音)
プー、プー、プー……

おそらく現場をマザーに発見されてしまったのだろう。
当時はポケベルが主流で、携帯電話はデキる男の持ち物という時代、
電話は家に一台しかないこともまだまだ珍しいことではなかった。


アイドルの箱番組(5分程度のミニ番組)もいくつかあった。

・瀬能あづさ マイ・ブライト・ナイト
 番組中では「マイブライトナイト」と一気に言っていた。
 中期には終了し、水野美紀に枠を引き継いだ?
 
・水野美紀 ふたりのアトリエ
 ハガキが採用されたことがあるが、ノベルティは
 白いシャーボで「水野美紀 ふたりのアトリエ」と
 銀色の明朝体で印字されていた。
 
・Stop The SMAP
 恐ろしいことに現在も放送中らしい。
 メンバー全員が揃うことは珍しかった。

・観月ありさ 全国radio
 ……関東ローカルだったのに、なぜ「全国」なのだろう?
 この番組のおかげで『伝説の少女』(デビュー曲)を
 いまだに覚えている。

・Accessにアクセス
 23時40分頃にスタートし、箱番組のトリを飾っていた。
 放送は初期の短期間だけだった記憶があるが、
 私はこの頃は大抵寝落ちしていたので記憶はかなりいい加減。

エンディングテーマは、
「ウォ〜オ、斉藤一美〜イエ〜(繰り返す)
 オオオ、と・ん・カツ・ワイド〜♪」

その後もラジオをつけっ放しにして、
次番組『カモンファンキーリップス』を聞くこともあったが、
パンチ力がそれほどなく、ガキには面白い番組ではなかった。

26時半からはヤングマガジン提供の
有象無象寄せ集めアイドルたちがしゃべくる『黒BUTA天国』。
こいつがまた、面白いとか面白くないとかそれ以前の内容で、
オープニングの「くろぶたてんごく〜」
の声を聴いた瞬間に目を閉じたくなる代物であった。

「昨日は黒BUTAまで起きていた」ということを
M沢くんに自慢するためだけに頑張ったようなものであった。


※追記
番組の人気があったため、
一美と解散したばかりのCoCoのメンバーだった羽田恵理香と宮前真樹で
ユニット『psychogalvanometer(サイコガルバノメーター)』が組まれ、
合コンで飛び交うウソをラップ調に歌い上げるCD『USSO!』が
95年にソニーから発売されている。
もちろん私は購入したのだが、いつの間にかCDだけの状態になっていた。
usso.jpg
youtubeなどの動画サイトにも転がっていないのでわりとレアなのか。
『DA.YO.NE』(EAST END×YURI)の二匹目のドジョウ丸出しで
いま聞くとなれ寿司のように味わい深い一曲。
posted by 環 俊次 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

平成二度目の干支一巡り

あけましておめでとうごさいます。

さて、毎年一発目のネタ投下恒例、
先日行われたコミケ、C81で買ってきた本(サークル)など
戦利品のほぼオールレビュー。

PA0_0015.JPG
今回は1日目がサークル参加、2日目は仕事だったので
実質3日目しか買物をしていないのだった。


【H25 2011/12/31】(さかれん) 評論
恒例のオナホールレビュー、何もかもヤラセ臭いお悩み相談、
拾いもののロデオマシンにオナホ装着、エビオス錠の効能各種etc.
悪ノリにもほどがあるネタと文体で自慰にまつわる諸々を熱く語る。
かつてこのテのネタで一時は壁サークルまでのぼりつめた
GOD HANDというサークル(現在活動停止)を思い出すテイスト。

【山葵納豆】(ししゃもハウス) WORKING'!!
音尾さんの養子になるのは正攻法では困難だと悟った山田。
それならばと相馬の入れ知恵により色仕掛けで迫るが……
最後はベテラン作家らしいどんでん返しであった。
ラストの音尾さんは間違いなくアーカードの声。

【したたる夜に溺るる】(99mg) オリジナル
歳若い退魔師の織羽。たった一人の家族である兄は
「必ず戻る」と鬼を討伐に行きそのまま帰らなかった。
三ヵ月後、兄はそのままの姿で帰ってきたが、
…………それはさておき、織羽たんかと思ってたら織羽きゅんだった。
表紙をよく見たらタマタマが描いてあったが、かわいいからいいや。

【みりん、飲める?】(45%減) 評論
シュールなタイトルの創作だなと思ったら、本当に
煮物に欠かせないあの『味醂』を飲み比べてみたという内容。
(みりん風調味料ではない)本みりん、全38本の味を詳細にレビュー。
巻末にはみりんを使ったカクテルのレシピまで。
ふつうに飲用酒を飲むという選択肢はないのか。

【藍紫-ai-murasaki-】(水滴屋) 紅
「…誰だおまえ。真九郎の友だちか?私の名は九鳳院紫。真九郎のハニーだ!」
「何者だ、真九郎の友達か?私は紫、九鳳院紫だ。真九郎の恋人だ!」
原作版とTVアニメ版の紫はキャラデザが多少異なるのをいいことに
ふたりは別キャラとして登場、真九郎を奪い合うのであった。
ええ、もちろん性技を駆使してですよ。共にセブンイヤーズオールドですが。

【ANOTHER ONE BITES THE DUST】(fatalpulse) TERA
元ネタはMMO。経験地は最高クラス、装備品もコンプリート、
そしてとうとう領主の座に就いたささやか体型のケモ耳ちゃん。
しかしレベルが低かった頃に味わった敗北感が忘れられず、
丸腰同然で単身モンスターの巣へ乗り込むのだった……
さらりと○肉食も挟み込まれているが、本人は喜んでいるのでめでたしなのか?

【みおんさまスイッチ】(安全第一) プリティーリズムオーロラドリーム
作者さんがしばらく商業の仕事を休んでいたので、養分補給のため購入。
りずむハウスでのお泊まり会では肉に舌鼓を打ち、動物パジャマを着用するなど
きっちり原作をリスペクトしている。そして夜にはくんずほぐれつなガチレズが。
攻めに回るりずむがたまらん。内容も内容だったので入場後真っ先に買いに行った。
なぜか事前に見本としてpixivで公開した一部ページだけフキダシ内の字体が違う。

【異国迷路のランコントゥル】(幺弦舎) 異国迷路のクロワーゼ
アリスのお誘いで南仏へ旅立った主要キャラたち。
猫に誘われるまま一行から離れ図書館塔へ迷い込んでしまった湯音は、
最上階でひとり本を読みふける美しい幼女少女と出会い……
『GOSICK』だけでなく『狐とアトリ』ネタまで押さえるとは。
随所に粗さがみられるが、原作者への愛は濃厚に感じられる。

【2011年創刊誌&休刊誌レビュー】(前途洋洋だ会) 評論
2011年に発刊されたり休刊したりしたコミック誌のレビュー。
ベテラン頼み、有象無象の新人、話題作の二番煎じなどなど、
こうやって見ると執筆陣の傾向から匂い立つスメルは馬鹿にできない。
紹介誌の中で私が唯一買っていた『ぱれっとLite』のページだけなぜか別紙。
あと『天然コケッコー』が連載されていた【コーラス】休刊してたのね。

【異国迷路の迷い子たち】(ふらいぱん大魔王) 異国迷路のクロワーゼ
カミーユから「特別なお茶会」に誘われた湯音……
ヤるだけ本はあらすじ説明が1行で済むのでとっても楽ちん。
淑女の貞操を守りつつ殿方を楽しませる手段といったら、
正解も穴もひとつ!じゃない!!わけで。後孔だけ露出させる下着を着けつつ
最後まで服は着たままである点が個人的に高ポイントだった。

【ももいろマイエンジェル】(Misty Isle) ロウきゅーぶ!
夏コミ新刊はもっかんだったが、今回はひなたにすばるんの魔手が伸びる。
放課後にバスケの個人特訓だったはずが、やっぱり桃色個人授業に。
最後はビッグマン愛莉も巻き込んででっかいちっちゃいくんずほぐれつ。
ひなたはオールひらがな&丸文字で卑語を連発するのだった。
そういえば、制服でコトに及ぶシチュエーションって意外に見ない。

【おしっ子先生3〜。ともちゃんがー、こんなに拡張されるなんてー、
 聞いてないって言ってまーす。】(ゴールデンチューブ) オリジナル

長いタイトルだが『ともちゃんが〜』以降も正式名称に含まれる模様。
メガネ保険医お姉さんが児○の尿道をいじくりまくるお話第3弾。
超ロング張型を後ろに挿れたり全長80cmはあるパール状のオモチャを挿入したり、
今回もヤりたい放題だ!とうとう最後には指の数をだんだん増やしていって……
「この本の内容を絶対にマネしたりしないでね!死ぬよ!」(あとがきより)
するか。

【white sleet】(みぞれまじり) オリジナル
温泉話ということで表紙からすっぱだか。そして百合。
後輩ちゃん(※正式名)が、冒頭のイラストでしかつるぺた体型を
披露していないところだけは非常に残念だった。
4コマはネタ本体よりも随所にちりばめられたムダ知識のほうが面白かったりする。
新刊セットの内訳は『新刊+入浴剤2個+手拭い』こういうお遊びは好きだ。

【鉄塔の街】(準星から、飛んだ。) 創作小説
このサークルさんが使っていたテーブルクロスが
echino(独特の色使いが特徴のデザイン生地)だったところが目に留まり、
「いい生地を使ってますね」と声をかけてしまったが
…………これでは変質者以外の何者でもないじゃないか!
さて、本の内容は鉄塔が立つ海辺の田舎町が舞台。一応百合だがソレ要素は薄め。
丁寧な情景描写による閉塞感と、少女らしい瑞々しいディテールの対比が痛々しい。

【E】(?) オリジナル?
後輩が売り子をしているというので買いに行ったのだが、
トーンをあまり使わずカケアミで濃淡をつける描き込みと画力に感服したので購入。
シリーズもののようで、アルファベット順にタイトルが付けられている
既刊のコピー本もまとめて買わせていただいたのだが、
あいにく私の読解力では物話の全貌を掴みきれなかった。

【CO-IN SPACE 口淫空間】(おもしろバーガー) オリジナル
横置き洗濯機から顔を出す首輪着用のブラジル水着少女が描かれた表紙。
「コイン=口淫」という一発ギャグのようなネタだが、
きっちり12ぺージそういう内容。いちおう導入で紙袋に入った洗濯物が登場するが
「あとでまとめて洗いますから」の一言で1ページちょっとで退場してしまう。
それにしても、作者さんは本当に恥○を舐め取るシチュが好きなんだな……。

【Told Me】(ぐらっちぇぐらっちぇ) オリジナル
百合。電車内できれいなお姉さんにシリをなでくり回され、
そのままホテルへテイクアウトされてしまった美紗ちゃん。
面識のない相手かと思いきや、実はあのときあの場所で……
美紗のふわふわウェーブヘアはなでなでし甲斐がありそうだ。
えっち描写もあるが、実際手を出したのキスしてブラを外すところまで。

【少女に声をかける事案が発生】(こりすや) オリジナル
二浪中のコウちゃんが、お勉強のストレス発散のために
公園の物陰でちっちゃいこにあんなことやこんなことを。
「■■も二次元にまで規制強化するってもんだよ」
■の箇所はマジックで塗りつぶしたような描かれ方だが、
明らかに「石」と「原」。ノーフューチャーなオチはお約束。

【オンナノコのひとりえっち】(黒猫堂) 東方
いちおう東方同人というカテゴライズだが、挿絵が東方キャラというだけ。
「女の子って本当にひとりHをするの?」「初オナニーは何歳のときでしたか?」etc.
序盤はこの程度だが、終盤になってくるとだんだんハイエンドになってきて
「危険なひとりえっち」「動物といっしょ」とくる。
尿道とかケモノとか、ワタクシは今回のコミケだけでも何冊か買ってしまった気が……。

【左ワンポイント列伝】(グループESA) スポーツ
主に左打ちの強打者にぶつけられるワンポイント投手。
1982年以降、13球団(近鉄含む)でどのような投手が起用されたのかを
数字で読み解こうというコンセプト。夏に出た本なのだが新刊は売り切れていたため購入。
論評は的確で頷かされる。個々の選手についての掘り下げはもう少し読みたかった。

【Milky Calender 2012】(ロケット野郎) ミルキィホームズ
このサークルの冬コミ恒例、卓上カレンダー。
表紙で、赤面&涙目で股間の辺りを押さえつつ皆に付いてゆくエリーは
明らかに何かをガマンしているな、実にモーソーが広がる。
9.10月ではお花畑じゃないコーデリアさんが拝める。レアだ。

【2012 カレンダー】(TFC企画とゆかいな仲間たち) よろず
こちらのカレンダーは壁掛け。毎月様々な作品を別々の作家が描いている。
そこまで注意して買っているわけではないので、私は約5年ぶりに買ったのだが
サークルの方に「この企画も長いですね」と話しかけたところ、
「もう○○年(※失念)やってますから、1回目の絵柄はラムちゃんでした」
そ、それはスゴい。

【電撃ジャック!!】(アスキー・メディアワークス) 電撃文庫
企業本というヤツ。ただのパロやお遊びには目もくれず、主に性的な見所を端的に。
お尻ぺんぺんされてうっ血したキキモラ(ウチの姫さまにはがっかりです)
胸部先端と具以外の箇所はほぼ丸出しの黒雪姫(アクセル・ワールド)
スライムがどうこう言ってますけどようするに全裸ですね(魔王なあの娘と村人A)
これ思い切りチクビ透けてますよねいいんですか(オオカミさんと七人の仲間たち)
素肌にナース服(よめせんっ!)、白い尻肉(花×華)、ノン湯気風呂(さくら荘のペットな彼女)、
などなど、主に海綿体方面へ「君に電(略)〜♪」
posted by 環 俊次 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。