2011年09月30日

夫婦喧嘩は狼も食わない

こちらのブログでは久々の更新となってしまった。

さて、昨日3週間ぶりに秋葉原へ出かけると、
フィギュア屋の店頭にホロ(コトブキヤ)の箱が積まれていた。

08年7月に発売された製品の再販だったが、
まったく事前情報を仕入れていなかったので驚いた。

原作は今年の初夏に17冊目の夫婦喧嘩をやらかしたすえ完結、
アニメ化もこれ以上はまず無いであろうと思われるこんな時期に
わざわざ再販した理由はよく分からないが、
このフィギュアは初版発売時に買い逃しており、
中古市場で結構なプレミアが付いていたブツなので素直に嬉しい。

しかし、私はつい10分前に他の店でfigmaカイジを買ったばかりなのだった。

うおおおおおおおお!!!!!

チーン♪「ありがとうございましたー」

P1020674.JPG
お買い上げ。

せっかくだから精一杯眺め回すことにする。

P1020675.JPG
パッケージ越しでも顔がよく見えるように
ブリスターに窓が開いている親切なつくり。
それだけ顔が自慢できる出来だということなのだろう。

P1020678.JPG
けもみみ。先端がはっきり白いのはアニメ版の特徴。
原作の挿絵は場面によって多少色合いが変わるが、
1巻表紙ではほとんど髪の毛と同じ色で描かれていた。
こちらは先端が白いものの、茶色みが強い折衷案?

P1020680.JPG
目力(めぢから)。アニメは一期・二期でキャラデザ氏が違うが
あいにくどちらの絵にもあまり似ていない。
原作絵の目元を線を減らしすっきりさせた、というのが適当だろうか。

なんでいちいちアニメ版の話を最初に持ち出すのかというと、
箱底面のコピーライト表記が
「支倉凍砂/アスキー・メディアワークス/「狼と香辛料」製作委員会」
だったため。

ちょっと考えたら、アニメ化で人気が爆発して
フィギュア化されたのであるから
製作委員会の名が入っているのは当たり前であった。

公式サイトや箱の写真では生っちろく見える肌の色だが
現品を見る限りでは気にならないレベル。

それにしても、ホロといえば修道女か街娘の格好(あとハダカ)のはずだが、
このワンピース?を着ていたのはどの場面だったか思い出せない。
スカートのほうが見栄えするからなのだろうが。

P1020681.JPG
尻尾穴の表現はあくまで絵面重視。

P1020682.JPG
「麦畑をイメージした」などとご大層なことが述べられているが
要するに黄色地に黄緑のパイルをうっすら敷き詰めた台座。

P1020676.JPG
箱の裏面にも麦畑と農家が「描かれ」
……よく見ると壁や屋根の色合いが原作(アニメ)とまったく違うので、
北海道辺りで撮られた写真を加工した可能性もある。
posted by 環 俊次 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。