2011年07月26日

幕張は燃えている

一昨日の京葉線車内。
「○○○好きだああああ!!!」
と叫ぶ男が……イタいにも程があるだろう。
また世間様からのオタクの評価が下がるのかと
頭を痛めながら声がしたほうを見ると、

そこには脱色でパサパサになった長髪に、
日焼けした肌と口元に光るピアスの
コントラストが眩しい、まさに絵に描いたような
ギャル男くんたち。

どうも、先ほど叫んだのはなにかの罰ゲームだったらしい。
電車が海浜幕張駅に到着すると、彼らは
「おっ、たくさん降りるから席が空くぜ」
と言っただけで、ドアの前から一歩も動かないという
じつに期待を裏切らない行動を取ってくれたのだった。

まあ、犯人がオタクじゃないなら別にいいや。


ともかく、幕張メッセへ行ってきました。
理由はもちろん、
makuhari2011.jpg
…………「右」デスよ?

せっかくのワンフェス、まずはお買物へれっつごー。


1942.jpg
1/48 アメリカ陸軍 1942年型スタッフカー(タミヤ)
1/48サイズなのに定価は1785円もするが、すごく安かったので購入。
シャーシが金属製で箱を手にすると重量感がある。
なぜか車種がどこにも書かれていないが元はフォード製らしい。
もちろん民生仕様で作るつもり。塗装は黒一色&ホワイトリボンタイヤが無難?

1/72 三菱キ-46U 100式2型改練習機(エルエス)
いまも同じ金型のキットが有井から出ているのだが、
500円と安かったので(こればっかり)。
説明書が二色刷りだったりカラーガイドが別添で入っていたりと
まだプラモが出せば売れた時代の香りを感じる。
オレンジ色のプラが目に眩しい。


denk.jpg
「じゃん!」
通販サイト、フルコンプが配っていたうちわ。
…………いいのか。

goodsmile face.jpg
グッドスマイルカンパニーブースでもらったお面。
無料配布とは思えないしっかりした出来。
一緒にポスターもくれたが、家に帰って広げてみると
ねんどろいどぷちボーカロイドの発売告知……在庫処分?


mobipyoshika2.jpg
Mobip 宮藤芳佳(アオシマ)
すでに前々回のワンフェスで購入しているのだが
久しぶりに引っ張り出したら機銃が行方不明だったため
目下某戦闘教官エルフから杖を拝借中なのだった。

なにより、先日発売されたfigmaと比べても
先頭脚の処理や専用の台座、なにより重要な顔など
意外に馬鹿にできない出来という事が判明したので
2個目購入を決断。

これで私の部屋では10人目(SD含む)の
芳佳になってしまったが、二期の終わり方からして
これ以上の展開はまずないだろうなと
タカをくくっていたら、

yoshika2011.jpg
新作発売告知きましたよコレが。
あみあみ版とポーズが似ているところが気になるが、
飾られていたサンプルで見る限り出来はよさそう。

ひとりサッカーチームをつくろう!状態と
なることがほぼ確定となってしまった。


企業では、ワンホビのブースで、
01年以降発売したフィギュアを全て陳列する企画をやっていた。

ichigo4.jpg
「「「「大胆な覗きね、いやん」」」」
苺ってこんなにカラーバリエーションがあったのか。
本当は原作アニメばりのローアングルで撮りたいところだったが
あの人波の中そんなことをする根性は私には無い。

chihaya.jpg
柊ちはや(まじかるカナン TVアニメ版)。
コッテリした原作絵とは似ても似つかない、
ぷにろり感たっぷりのキャラデザを余すところなく再現。
魔法少女=某ナースウィッチ繋がりの起用だったのだろう。
このフィギュア、当時とても欲しかったのだが、
ちょうど金がない時期で泣く泣く見送ったのだった。



一通り買物を済ませたあと、学生時代の先輩M氏と合流。

anko yokogao.jpg
杏子さんだの

blue dragon.jpg
ドラゴンだの
わりと真面目?なフィギュアを
いくつか撮影後、身分証明書を提示しないと
入れないエロ、もとい18禁ゾーンへ。

asuka hadaka.jpg
(※画像は処理を施しております)
つるぺた〜んなまっぱだかのおにゃのこが
にっこり笑ってカエルみたいな格好で
無毛のおまたをマンコ・カパック(※人名)
フィギュアを撮影しようとしたところ、

突如M氏のカメラが
カード読み込みエラーを起こしフリーズ。

私「肌色すぎて画素が耐えられなくなったんでは」
M「やむをえまい、こんなときにはフォーマット」

撮り直しも終わり、さあ行こうかとしたところ
M「すいません、この肌色成形のをひとつください」

写真を撮ったのは彩色の参考にするためだったらしい。

私「先輩、今年で(ピー)歳で実家暮らしなのに、
 そんな1080°(テン・エイティ)どこから見ても
 言い逃れできない代物を、いつ作ってどこへ飾るんですか」

M「アメコミのガチムチフィギュアの後ろあたり☆」

目が笑っていなかった。これ以上深追いすると
幕張に緋色の雨が降りそうだったので
ここでこの話はおしまいとなった。


その後、さらにぶらぶらしていると
ちょうど足を止めたディーラーの中に
偶然先輩の大学時代の知り合いがいたらしい。

知「いや〜M!久しぶり、全然変わってないな!」
M「おいおい、こっちに環もいるのに
 なんで俺だけに声をかけるんだよ」

私「どうも、お久しぶりです(誰だっけ?)」
知「おお、お前ずいぶん変わっちまったなあ!
 気づかなかったよ、背もずいぶん伸びて」


私はここ10年間ほとんど身長は変わってないのだが。

その後「変わった」「変わった」を連呼されつつ
なんとも噛み合わない話をしたが、
後から考えると2学年上に同じ苗字の先輩がいたので
その人と間違えたのではないだろうか。

訂正する機会はいつになるか分からないが。
posted by 環 俊次 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。